東邦金屬株式會(huì )社

技術(shù)開(kāi)発 | 技術(shù)開(kāi)発情報

マグネシウム関連

マグネシウム関連
近年注目を集めるマグネシウム合金。
中でも熊本大學(xué)が開(kāi)発した新奇なマグネシウム合金“KUMADAIマグネシウム合金”のワイヤー化に特化した線(xiàn)引加工技術(shù)の開(kāi)発を行っています。

マグネシウム合金ワイヤの製造技術(shù)開(kāi)発(當社の線(xiàn)引加工技術(shù)を応用)

概要

近年?覚ましい発展を?せるマグネシウム合?は、実??屬中最軽量である密度(1.74g/㎝3)、?いリサイクル性、?い振動(dòng)吸収性、良好な電磁シールド性、?體吸収性など多くの優(yōu)れた特性を有する材料です。

発?點(diǎn)や耐?性の低さがネックでしたが、熊本?學(xué)によって開(kāi)発された“KUMADAIマグネシウム合?”において?幅に改善。更には超々ジュラルミン(アルミニウム合?A7075)を凌駕する強度も有しています。

この畫(huà)期的な特性を有するKUMADAIマグネシウム合?を、當社がタングステン?モリブデンで培った線(xiàn)引加?技術(shù)を応?し、世界で始めてKUMADAIマグネシウム合?の直徑0.03㎜までのワイヤ加?技術(shù)開(kāi)発をするなど、當社既存技術(shù)の新材料への応?を展開(kāi)しています。
(複數の特許取得済)

課題

當社は、世界で初めて細線(xiàn)化の製造に成功しましたが、汎?合?含め、マグネシウム合?ワイヤがまだ世間に流通?認知していないこともあり、以下の課題があります。

  1. 具體的案件の獲得
  2. 事業(yè)化に繋がる?産體制の構築
  3. 市場(chǎng)の早期開(kāi)拓

マグネシウム合?ワイヤはまだ広く認知されていないだけで、先述の畫(huà)期的な特性から?きなニーズを秘めています。

當社では今後早期事業(yè)化を?標に、課題點(diǎn)の克服を急ピッチで進(jìn)めています。

機械的強度
マグネシウム合金ワイヤの製造技術(shù)開(kāi)発
発火溫度
マグネシウム合金ワイヤの製造技術(shù)開(kāi)発 マグネシウム合金ワイヤの製造技術(shù)開(kāi)発

取組み 線(xiàn)引き加?

當社保有の線(xiàn)引加?技術(shù)をベースとし、マグネシウム合?の特性に合致した加?治具の選定、加?溫度?熱処理溫度等の加?條件を?出し、?材であるマグネシウム合?押出材を、最?で直徑0.03㎜の細線(xiàn)化を実現しています。

國??學(xué)法?熊本?學(xué) 先進(jìn)マグネシウム國際研究センター(河村能?センター?/教授)との共同研究を2013年より継続しており、鋳造法、急冷法の2通りの製造?法によるKUMADAI耐熱マグネシウム合?、KUMADAI不燃マグネシウム合?の線(xiàn)引加?を中?に研究を継続しています。

公表実績(jì)

2015年8? ?部科學(xué)省にて鋳造KUMADAI耐熱マグネシウム合?ワイヤーの直徑0.05㎜達成をプレスリリース

2018年5? 當社にて急冷KUMADAI耐熱マグネシウム合?ワイヤーの直徑0.03㎜達成をプレスリリース

2017年10?~2019年3? 研究題?“?新的Mg合?製の?體吸収性醫療機器開(kāi)発” で、?本醫療研究開(kāi)発機構(AMED)の産學(xué)連攜醫療イノベーション創(chuàng )出プログラム セットアップスキーム(ACT-MS)に熊本?學(xué)を中?に採択。

今後

熊本?學(xué)との共同研究を継続し、複數種のKUMADAIマグネシウム合?の線(xiàn)引加?技術(shù)の構築を展開(kāi)しています。

特に?きく期待されている、Mg合?を?いた醫療機器開(kāi)発にも積極的に參加し、その他ワイヤー関係で事業(yè)化となり得る製品の獲得を?指します。

マグネシウム合金ワイヤの製造技術(shù)開(kāi)発
SEM像 針?に通る直徑0.03㎜
KUMADAIマグネシウム合?ワイヤー
マグネシウム合金ワイヤの製造技術(shù)開(kāi)発
製品?スプールに巻かれた
KUMADAIマグネシウム合?ワイヤー
Page Top
6080yyy午夜理论片中无码,女人高潮的三十六姿势,欧美老妇激情xxxx