東邦金屬株式會(huì )社

技術(shù)開(kāi)発 | 技術(shù)開(kāi)発情報

核融合|活性炭関連

核融合|活性炭関連
“ダイバータ”において不要となったガスはクライオ吸著(zhù)ポンプによって核融合爐外へ排出されます。吸著(zhù)ポンプ部材では優(yōu)れたガス吸著(zhù)性能を持つ”活性炭”が擔っており、當社では吸著(zhù)性?排気性に優(yōu)れた活性炭の開(kāi)発を行っています。

核融合爐向けクライオポンプ用活性炭(當社の粉末焼結技術(shù)を活用)

概要

核融合爐內の內部にはプラズマにならなかった余分な?素ガスを速やかに取り除くダイバータと呼ばれる排出機構があり、その排気ポンプとして使われるのが“クライオポンプ”です。

クライオポンプの中には、無(wú)數の細かい孔を持つ活性炭が張り付いた吸著(zhù)パネルが內蔵されています。

活性炭をマイナス250℃以下に冷やすと、ポンプ機能を発揮するようになります。

課題

吸著(zhù)パネルに?いられる活性炭には、以下の問(wèn)題點(diǎn)や改善要望がありました。

  1. 形狀的な制約がある(ペレット型、粉體、シート等に限られる)
  2. 熱伝導性が悪い(ペレットでは有機物等のバインダーを含むため)
  3. 強度が低い(吸著(zhù)パネルからの脫落?剝離等)
核融合/活性炭関連 核融合/活性炭関連

取組み

SPS法(※-1)を?いることで以下のような開(kāi)発材の作製に成功しました。(関連特許取得済み)

  1. 板狀やブロック狀の固形體(多孔質(zhì)體)が作製可能
  2. 固形化しても、原料粉體が元來(lái)有する細孔特性を損ねない
  3. バインダレスでの焼結が可能(活性炭100%)
  4. ?い熱伝導性(バインダレスのため)
  5. ?い強度(吸著(zhù)パネルとしての要求強度を満たす)
  6. 気孔率の調整が可能(焼結條件や使?粉體の最適化)

このような新しい製造?法を?いることで、様々な特性の改善を?出すことができました。

今後

?學(xué)共同利?機関法? ?然科學(xué)研究機構 核融合科學(xué)研究所様において、クライオポンプとしての特性を把握するため評価を実施しております。

また、更なる付加価値を?出すべく、第?成分の添加等によるハイブリッド化も視野に?れ、研究?開(kāi)発を進(jìn)める予定です。

さらに本件開(kāi)発技術(shù)を活?し、クライオポンプに限定せず、様々な?途の活性炭製品群に挑戦して參ります。

核融合/活性炭関連

↓

固形化した活性炭(バインダレス)
核融合/活性炭関連 核融合/活性炭関連

補?

  1. SPSとは、Spark Plusma Sintering(放電プラズマ焼結)
    固體間に低電圧で?電流を投?することで、固體間に?じる「?花放電現象」を駆動(dòng)?とした焼結?法
  2. バインダーとは、粉體同?を接著(zhù)?接合させ保形性を持たせるための樹(shù)脂成分
核融合/活性炭関連
Page Top
6080yyy午夜理论片中无码,女人高潮的三十六姿势,欧美老妇激情xxxx